引越し業者を選ぶポイント 業者をどう選ぶか

ネットにも、電話帳にも色々な引越し業者があって、どこがいいのか迷いますよね。見積もりを取ろうにも、まずどういう業者で見積もりを取ったらいいのか、というところから途方に暮れてしまうくらいです。

 

まずは大体の傾向から、自分にあった業者のタイプを考えていきます。

 

■大手の業者のメリット

・アフターフォローがしっかりしている

・保有しているトラック、作業員の数が多い
・専門技術が高い
・特殊な荷物も運べる

 

大手の業者は、とにかく会社の母体が大きいというのがポイントです。たくさんの引越しを扱っており、珍しい物・貴重な物を運ぶノウハウも持っています。トラックの数もあるので、繁忙期でも頼みやすいのも利点です。

 

■中小業者のメリット

・値段が安い
・地元密着で地域事情に詳しい
・融通がききやすい

 

中小の業者は、まず大手の業者に比べて値段が安いことが多いようです。必ずしもそう、とは言えませんし、ピアノ運搬や重量物のクレーン搬入など特殊なオプションが付くと結局高くかかったりすることもあります。

 

地元の引越しを扱うことが多いので、比較的短距離・中距離の引越しに強く、特に地元の地理や道事情に詳しいのが利点です。

見積もりは複数取ること!

この引越し業者のこのプランがいいかも!と思っても、見積もりは必ず複数の業者から取りましょう。できれば大手と中小業者、両方から取るのが理想です。一番簡単なのはネットの一括見積りです。

 

見積もりは取ったその日には決して結論を出さず、何日か考えます。すぐに決めると、見落としがあったりするので、時間をおきましょう。

 

特に気をつけておきたいのが、荷物が引越し中に破損した場合の補償です。いくらまで可能なのか、どう補償するのかなども、営業に話を聞いておきましょう。

引っ越し作業を始める前に!

引っ越しは人生で避けては通れない

・「引っ越し」は人生で一度は経験する一大イベント。
荷造りはもちろんのこと、違う環境に移り住むことで精神的にも重圧がかかりかねない。

 

・「引っ越し」に関する「心構え」を持つことが何よりも重要。
作業効率のアップや引っ越し業者に払う費用といったことを熟知し、取り組む必要がある。

 

さまざまな引っ越し業者がある

・大切なのは「いかに安全に運んでもらうか」ということ。
しかし、引っ越し業者は数え切れないほど存在しており。「選び方」は大変難しい。

 

・インターネットを活用し、大手に限らず地元の中小業者についても調べてみるとよい。

 

・「近距離」ならば、地元の中小業者が費用面で優れている可能性もある。

 

まずは行程表でリストアップしてみよう

・「引っ越し」前に始めたいこと。それが「行程表」の作成である。

 

・まずは行わなくてはならないことをどんどんリストアップしてみてください。「いつまでに」「どこで」「何をやる」といった項目を整理する。また、忘れやすいことも書き込んでおく。

 

・できるだけ詳しく記入する。単に「荷造り」とだけ記さない。

 

引っ越しの荷造り【棚類・本類】

・棚類(食器棚・本棚・タンス等)
まずは「中身」を全部外に出すことから始める。棚類はバラにできるのであれば個別に梱包。できなければ棚が飛び出さないよう、テープで固定後、毛布で包む。

 

・本類
本類の重さを考え、小さな箱に底抜け対策を施したうえで収納する。また、すき間を古新聞等で詰めておく。